認定NPO法人キーパーソン21

活動ダイアリー わくわくエンジン®ブログ

『家族で発見!冬のわくわくエンジン®︎モニターキャンペーン』開催後報告

2021.06.07

6領域の活動オンラインコンテンツプログラム

 

2020年11月28日(土)~2021年1月11日(日)までの週末にかけて、『家族で発見!冬のわくわくエンジン®︎モニターキャンペーン』が行われました。
参加者の統計やアンケート結果がまとまりましたので、開催後報告をお届けします。

 

開催実績

 

 

参加総数は全体で計22組、54名の参加をいただきました。そのうち、大人は26名、子どもは29名です。​
前回夏休み開催時は「親子」と銘打っての募集で、父親の参加は33組中1組のみでしたが、「家族」に枠を広げて募集したところ、父親の参加が4組(全体の約2割)と増えました。
 
また、子どもの内訳は、​
 
小学生14名(約半数)
中学生7名
高校生6名
大学生2名​

 
と、幅広く小学生から大学生まで参加いただいています。
参加形態は
 
親子2名(子1人)の参加が12組で55%。​
家族3名での参加は7組(32%)、
家族4名は3組(14%)​

​ 
このうち、なんと海外(アメリカ合衆国)からの参加が3組!
海外にもじわじわとわくわくエンジンの輪が広まりつつあります。
 

アンケートから


 
 
アンケートでは
「楽しかった」(「とても楽しかった」+「まあまあ楽しかった」)
「目的達成できた」(「達成できた」+「やや達成できた」)
「自分自身に気づきがあった」(「たくさん気づきがあった」+「少し気づきがあった」)
「子どもに新たな発見があった」(「たくさん発見した」+「少し発見した」)
以上4項目において100%を、また
「友達に紹介したい」においても95%の評価をいただきました。
 

参加者の声

Q.どんなところが楽しかったですか?​


 
■ドキドキ&ワクワクするゲームを楽しみながら、親子で夢中になれることについて語れたのが良かったです。​
 
■最初は自分のことを語るのが恥ずかしく感じる部分もあったのですが、お二人のファシリテーターさんがゆっくり時間をかけて私達の話にお付き合いくださったので、ゲームというよりも自分探しの旅に出たようで、とても楽しかったです。​
 
■日頃の生活の一つ一つから、何をわくわくに感じているかまでをつなげて考える機会があったこと。​
 
​■自分の好きなことが良く分かったところ。​他の人の好きな事を聞くと、それをやってワクワクしているところを想像して、自分もやってみたいなあとワクワクしたこと。​
​ 
■まずは我が子と一緒に参加できたことと、参加者として、純粋に自分自身と向き合えたこと。​
 
■普段考えないことを、質問によってあらためて考えることで、自分を掘り下げられるところ。​
 
■ゲームを通して自然に家族とのコミュニケーションがとれて、さらに新たな一面に気付けたところ。​
 
■自分にはない発想や価値観、考えなどが聞けてとてもおもしろかったです。​
 

Q.ご自身についてどんな気づきがありましたか?​


 
■子どもに学ばせたくて参加しましたが、親こそ好きなことや夢中になれることを見つけて楽しむことが大事!と気づけたのが大きな収穫でした。​
​ 
■本来、自分の気持ちを大切にしたいところ、感情をおさえることに慣れてきていて、その気持ちを言語化することすら出来なくなっていたことに気づきました。なぜ私は言葉が見つからないのだろう、何を言っていいのか分からないと思っていました。だけど、本当はいろんな感情があって、その気持ちも大切にしていいんだよと。高揚をもとめて、いろいろチャレンジしていきたいです!​
 
​■自分の好きは自分でわかっていたつもりだったけれど、誰か第三者へ向かって話す機会はそうないことなので、そのこと、そのものが新鮮だった。大人になってもこんな時間を持てることは贅沢だと感じた。​
​ 
■あまり母親としてという意識を持たずに思うままに話ができ 本当に好きなもの、大事なものがクリアになった​
 
■自分の思うままに進めばいいんだな、という安心感​
 
■家族の好きなこととその理由がわかり、これまであまり快く思えなかったことを受け入れることができました。​
 

Q.お子さんについて新たに発見したことはあった?


 
■私達親が思っていた以上に自分の声を発することができている娘をみてまず驚きました。娘の心の中には沢山の好きなものやことがあるのであろう、と気づかされました。​
​​ 
■(すきなものについて)これまでじっくりと話を聞いたことがありませんでした。日常生活でも子どもの思いや願いを引き出す会話を増やしたいと思います。​
​ 
​■いつもあまりしゃべらない子供が、よく人の意見を聞けるようになっていたことを実感した。​
​​ 
■一日一日を大事に生きているとは知りませんでした。娘の新たな一面を知ることができました。​
​ 
■ふだん話さないような内容だったので、意外と子どもたちがしっかり話ができることにも驚いた。​
​ 
■自分の想いを意外としっかり話す様子に驚きと喜びを感じました。​
​ 
​■一見親から見るとどうということもないような好きなことなどにも、理由を聞くと意外な思いがあることが分かって、自分の考えで判断してはいけないなあと発見がありました。​
​​ 
■子どもがこんな風に考えているんだ、こんなことを求めているんだ。ということを知ることができた。​
 
 

お子さんの感想

 
■最初はドキドキしましたが、途中からは笑うことも出来ました。2人のファシリテーターさんがとても優しかったです。​

​ 

■「自分が」が全部出てきて、良くないのかなと最初感じたけど、素晴らしいと言ってもらえて、嬉しかった。​

​ 
■自分の事について人に話すのが楽しかった。​
 
■自分のわくわくエンジンが見つかって良かった。家族のことが分かる時間が取れて良かった。​
 
■自分の本当のワクワクが分かってとても良かったし、みんなのワクワクを知れたことも良かったです。​
 
​■自分がどういうことが好きで、何に関心があるのかを再確認、新発見できたいい機会でした。今この時間を有効に活用していきたいです。​
 
​■自分がわからなく、モヤモヤしていた部分がこの機会によって晴れてよかったです。​
 
普段こういう時間を作ることがないので、定期的に自分の気持ちを確認したりすることが大事だな、と気づいた。今コロナの時だからこそやってよかったとも思った。​
 
 

保護者の感想

 
■子供達が自分の内面を言葉にしようと頑張っている姿を見ていてとても嬉しかったです。​
 

■家族がお互いの思っていることを知ることを通して、相手への理解が深まったり、生活そのものに新しい意味や価値を見つけ出すことができるように感じた。​
 
​■わくわくを探すことは、自分が今後、どうやって生きていくかを自分と見つめあい、探してゆく貴重な時間だと思う​
​ 
■身近な生活の中にある夢中になれるもの、もっともっと親子で探してみたくなりました。​
 
​■子供と同じワークに取り組めたことで、普段話さないことを直接伝えられたので良かったです。​
 
​■優しく、楽しみながら引き出していただきました。業務内容にも応用できると感じました。​
 
​■何よりも私達家族1人1人の話をじっくり時間をかけて聞いてくださり、共感し受けとめてくださり、一緒にワクワクエンジンを探して導き出してくださる、その優しさと寛大さに大変に感激いたしました。そのまま人生相談にのっていただきたくなるほどでした。​
 
 

Q.どのような方におすすめしたいですか?​

~子育て中の親に~​
 
■兄弟が2人以上いる保護者(子ども1人ずつとじっくり話す時間がなかなか取れないので)​
 
■親子の理解をもっと深めたい人​
 
■家族での理解を深める機会を探している友人など​
 
■お子さんとの関係を良くしたいと思っている方​
 
■子どもとの距離を縮めたい人、子どものことを知りたい人​
 
 
~子どものために~​
 
■自信を持てない子​
 
■中高校生、特に大学に行く前など、大きく環境が変わる人​
 
​ 
~大人自身のために~​
 
■自分がワクワクするものを見つけるのが難しいと思っている方​
 
■自分が何をしたいのか分からないと思っている人に​
 
■会社の仲間​
 
■子育て中で起業を考える大人(起業コンサルよりアドバイスが的確だから)​
​ 
 


 
 
(事務局・田中)
 
 

私たちの活動にご協力ください。

あなたに合った形で
キーパーソン21の活動をご支援ください。
個人や法人として関わる方法だけでなく、
活動へのご寄付も受け付けております。

詳しく見る

キーパーソン21の最新情報をチェックする

メルマガに登録する

朝山ブログ代表朝山が日々奮闘していること、考えること、嬉しく感じること、あれこれを記しています。ぜひご覧ください。