認定NPO法人キーパーソン21

活動ダイアリー わくわくエンジン®ブログ

【チーム東京】練馬区立練馬中実施

2020.03.17

すきなものビンゴ&お仕事マップチーム東京

練馬区立練馬中
2020年1月30日(木)練馬区立練馬中学校1年生4クラス112名の生徒たちに
「すきなものビンゴ&お仕事マップ」をお届けしてまいりました。
集まって下さった大人は、なんと総勢19名!
月末、平日の午前・午後1日2回にわたる実施に、仕事を調整して、
チーム東京のメンバー+会員のみなさまがご協力くださいました。
ありがとうございました。

参加されたみなさまのこと

会員になったばかりの方、学校実施が初めての方、ビンゴ実施現場初めての方、
1年振り、今年度初参加、アシスタントデビューをなさった方、ベテランメインの方、、、と幅広い方がいらっしゃり、参加者全員が、みんなで、クラス毎に、個人で、それぞれ目標を掲げて取り組んでくださいました。

練馬区立練馬中 練馬区立練馬中

また、たくさんの方が参加して下さったおかげで、1つのチームに1人の大人が配置でき、「すきなもの」をあげるときには「どうして?」とたずね、

生徒1人1人が「なぜ好きなんだろう」とじっくり考えながら進めることができ、
手厚いサポートのおかげで「わくわくエンジン」まで出せた生徒が多くいました。

みなさまの感想には、

■ なりたい職業が決まってる子が結構いたが、理由が言えない子も多く、じっくり「どうして?」と聞くと「どうしてだろう」と真剣に考えていた

■ 占い好きの生徒が、自分が占う側になるってこともある、
ということに気づき「わくわくするお仕事」に占い師を書いていた

■ 初めから「ピアノ調律師」と言っていた生徒に「どうして?」と聞いていくと「細かい作業が好き」「ピアノの音が好き」という言葉が出てきた

■ 大人も子どもと「楽しい時間を一緒に過ごそう!」と取り組んだのが子どもにも伝わり良かった  

■ 「仕事が楽しい」と言ったら子どもたちが驚いて急に大人に興味を持ち質問してきた

などなど

みなさまが、ビンゴI から心を開いて生徒1人1人に関心を持ち、
ヒントや言葉かけによって、生徒たちがどんどん積極的に真剣に取り組んでる様子が伝わりまし
また、シェア用シートからは、全員が生徒とのやりとりの中で、声がけや関わり方に工夫をしたり、様々な挑戦してくださった様子が書かれ、それによって生徒が変化したり気づきを与えられているのが伝わってきました。中には難しい生徒さんもいたようですが、最後まで諦めず粘り強く支えてくださったことを先生方も感謝しておられました。

学校・先生のこと

担当は、過去に笹塚中学校での実施を2回経験され練馬に異動された先生。
9月から5か月かけて丁寧に打ち合わせを重ねました。
当日は、クラス毎に生徒1人1人が工夫した名札を作成し、
15名ものメンバーが生徒と一緒に給食をいただくことが出来、
シェアする会には全クラスの先生方が顔を出してくださいました!  

 

実施後の先生の感想には、

■ とにかく生徒が楽しそう

■ いつもは自分の意見を言えない生徒が、意見を言っていた

■ 通常、学校は閉鎖的だが色々な職種の方が来てくれた

■ 初めての大人と活発な交流ができていた

■ 事前アンケートでは「希望がない」が大半だったが、実施後「希望を感じる」が増え、挙手させたら3分の2の手が挙がった

■ アンケートを読んで多くの生徒の自己肯定感が高くなっているのに特に驚いた

■ 学校や教員ではなかなかできない貴重な体験をした

と嬉しいコメントにあふれていました。

ぜひぜひ、練馬中学校で、伝統的に続く実施になることを期待しています!
練馬区立練馬中

私たちの活動にご協力ください。

あなたに合った形でキーパーソン21の活動をご支援ください。
個人や法人として関わる方法だけでなく、活動へのご寄付も受け付けております。

詳しく見る

キーパーソン21の最新情報をチェックする

Facebook,Twitterをチェックする

  • Facebookページを見る
  • Twitterを見る
朝山ブログ代表朝山が日々奮闘していること、考えること、嬉しく感じること、あれこれを記しています。ぜひご覧ください。