認定NPO法人キーパーソン21

活動ダイアリー わくわくエンジン®ブログ

<2017年度定期総会&イベント>① キーパーソン21の新たな挑戦!

2017.07.01

イベントレポート

全国の仲間たちとタッグを組み、日本中に「わくわくエンジン」を広めていきます!

 

総会1

 

6月11日、キーパーソン21の定期総会が行われました。

 

これまで神奈川・東京エリアを中心に、キャリア教育プログラム「夢!自分!発見プログラム」を展開してきた私たち。定期総会では、これまでの実績をベースに新たなチャレンジを始めることを会員の皆さまと共有しました。

 

それは、
日本中の子どもたちが「わくわくエンジン」をみつけること、
それが当たり前となる社会を作ること です。

 

そのためにキーパーソン21は、今後、全国の子どもたちを取り巻く関係者(親、教員、学校、塾、行政、企業、地域の学習支援などを運営する団体など)との関係を強化し、「わくわくエンジン」を日本中に広めていきます。

 

大人だって不安な時代だからこそ、“つながっていくこと”が必要です 

 

ちょうど定期総会の1週間前、NHKスペシャル『私たちのこれから「#子どもたちの未来」』という番組が放映されました。
番組最後の視聴者アンケート「子どもが希望を持てる未来の実現はできる?難しい?」という問いに対して、「できる」は48.4%。「難しい」は51.6%。子どもの未来に興味を持って番組を視聴している人の約半数が、子どもが希望を持てる未来の実現は「難しい」と感じているという結果がでました。

格差や貧困の連鎖が広がり、人工知能(AI)が普及することで多くの雇用が奪われると言われている今、大人も未来が読めずに自信を失い、不安な想いだけが増殖しています。
しかし、そのような時代だからこそ「子どもが希望を持てる未来の実現はできる。しなければいけない!」と信じて、今もコツコツと活動を続けている日本中の大人がつながっていくことが大切なのではないでしょうか。

 

肝心なのは、「わくわくエンジン」

 

キーパーソン21の活動のコアになっているものは、「わくわくエンジン」です。
「わくわくエンジン」とは、誰もが持っているわくわくして動き出さずにはいられない力。個々の自立を支える原動力です。子どもは自分の中にある一番大切にしたい根っこの部分「わくわくエンジン」がわかっていると、それぞれの環境の中で岐路に立った時や失敗した時も、自ら考え行動できるようになります。こんな時代だからこそ、どのような状況にあってもイキイキと生きていくための「わくわくエンジン」を発見することが、子どもたちにとって大切です。

 

キーパーソン21は、この「わくわくエンジン」を発見するためのキャリア教育プログラム「夢!自分!発見プログラム」を、学校関係者などと共に開発しました。そして多くの大人たちがナビゲーターやサポーターとなり、学校や教育現場で実施しています。このプログラムと「第三の大人たち(会員の皆さま)」が、キーパーソン21の財産です。

 

あなたも、キーパーソン21の仲間に!

 

6月11日の定期総会後のイベントには、すでにキーパーソン21と共に新たなチャレンジを始めた6つのグループが参加。それぞれの活動の事例や課題をプレゼンし、会員の皆さまとグループディスカッションを行って盛り上がりました!
※詳しくは、<2017年度定期総会&イベント>②に掲載

 

私たちは、想いを共にし、「夢!自分!発見プログラム」を展開してくださる仲間を募集しています。日本中を「わくわくエンジン」でいっぱいにする!そんな私たちと一緒に、子どもたちの未来を築きませんか?

 

★キーパーソン21の仲間になりたい方は、こちらへ
http://www.keyperson21.org/support/member/

私たちの活動にご協力ください。

あなたに合った形でキーパーソン21の活動をご支援ください。
個人や法人として関わる方法だけでなく、活動へのご寄付も受け付けております。

詳しく見る

キーパーソン21の最新情報をチェックする

Facebook,Twitterをチェックする

  • Facebookページを見る
  • Twitterを見る