認定NPO法人キーパーソン21

活動ダイアリー わくわくエンジン®ブログ

・渋谷区立鉢山中学校

2014.07.08

おもしろい仕事人がやってくるコミュニケーションゲーム

■日程:2014年6月13日(木)
■対象:2年生1クラス合計19名
■プログラム:「おもしろい仕事人がやってくる!」・「コミュニケーションゲーム」


渋谷区立鉢山中学校は、各学年2クラス以下というとても小さな学校で、子どもたち同士の仲がとてもよく、困ってる人にもすぐに声をかけて助け合える優しい雰囲気に溢れていました。
先生方からは「これから職場見学などに取り組むにあたり、学校外の人たちと積極的にコミュニケーションがとれるようになってほしい」と、子どもたちが社会への1歩を踏み出すきっかけとして、キーパーソン21のプログラムを選択いただきました。
「おもしろい仕事人がやってくる!」では、会員でもある内田さんが「薬の研究開発 ~“気がつく”ということ~」をお話し下さいました。
ご自身の中学生時代の思い出や、以前勤めていた薬の研究開発のお仕事を通して学んだ「気がつく」ということの大切さを、優しい語り口で子どもたちに伝えました。
“気がつく”をテーマにしたクイズでは子どもたちは一生懸命に答えを考え、あれかな?これかな?と次々に発表していました。
わくわくナビゲーターとして参加した会員と子どもたちとで、給食も一緒に頂きました。
最初、子どもたちは緊張気味。大人とあまり話したがらない様子で、午後のプログラムは大丈夫かな、とちょっぴり不安も感じましたが、いざ「コミュニケーションゲーム」となると様子が一変!
最初は恥ずかしそうにしていた子どもたちでしたが、次々と出てくる課題に真剣に取り組むうちに、段々と声が大きくなっていき、笑顔と一生懸命を恥ずかしがらず表現できるようになり、最後のワークでは大人の目をまっすぐに見つめて話をしてくれました。
先生方からも、「子どもたちが終始笑顔で、ワークに挑む姿勢も真剣そのもの。日頃の授業では見られない生徒の顔を引き出していただいてありがとうございました」と嬉しいお声を頂きました。

(報告:野瀬 浩代)

私たちの活動にご協力ください。

あなたに合った形でキーパーソン21の活動をご支援ください。
個人や法人として関わる方法だけでなく、活動へのご寄付も受け付けております。

詳しく見る

キーパーソン21の最新情報をチェックする

Facebook,Twitterをチェックする

  • Facebookページを見る
  • Twitterを見る
朝山ブログ代表朝山が日々奮闘していること、考えること、嬉しく感じること、あれこれを記しています。ぜひご覧ください。