認定NPO法人キーパーソン21

活動ダイアリー わくわくエンジン®ブログ

2021年度定期総会レポート

2021.07.27

6領域の活動オンラインコンテンツ


 
Y〜MCA!
いきなり何かと思われたでしょうが、2021年6月13日(日)に爽快屋バカボン渡邉副代表理事の指揮によるYMCAから、キーパーソン21第20期定期総会は始まりました。
 
日本全国、いや海外からも参加いただいた濃密な総会の模様を、広報担当てらっちこと寺田がリポート役を拝命致しましたのでご報告いたします!
 

【総会概要】

 
総会は完全オンラインで、第一部と第二部に分けて開催されました。
議長は明治大学総合数理学部、専任准教授の池田幸太さん。第一部は《事業報告・計画》と《表彰&MVP》、第二部は、キーパーソン21の地域チームと海外メンバーをつなぐ《ぐるっと全国一周ツアー》&わくわく先生もっちーこと、望月那菜さんの「おもしろい仕事人」&参加者交流、と盛りだくさんの4時間でした。
 

【第一部】

《2020年度事業報告・計画》

 

 
 
第一部では激動のコロナ禍2020年の活動と決算報告。キーパーソンの現在の姿がよくわかる内容でした。
 
現在キーパーソン21は、450名を越える会員を抱え、全国に7つのチーム、6つの団体とパートナーシップを結ぶほか、行政や企業にも賛同していただき、協働が広がっています。
 
コロナになり突然多くの活動が中止せざるを得ない状況の中、それに屈せず、逆に新たなオンラインプログラムを開発したり、ZOOMを活用して全国と繋がり、日々打ち合わせ、プログラム実施においても直接対面ではなく郵便の形に変更したりと、臨機応変に対応し、あゆみを止めずに走り続けていたことがわかります。
 
 
2020年度の目標は、「物語を発信」「オンラインの活用」「地域モデルを作る」とのことでした。
 
活動内容の主なものは、
 

・人気プログラム『すきなものビンゴ』をオンライン化。ご家庭でわくわくエンジン発見のプログラムを受講することができるようになった
 
・5年にわたるコカ・コーラ財団の寄付による5by20「女子起業!わくわくプロジェクト」完走
 
・企業こども応援プロジェクトをオンライン化
 
・学習支援居場所作り事業においても、オンラインとリアルのハイブリッド化
 
・説明会を毎月一回オンライン開催
 
『わくわくエンジン図鑑』noteに連載、などなど
 

 

 
また特筆したいのは、3月に開催された『わくわくエンジンEXPO』でしょう。
 
わくわくエンジンを発見した全国6カ所の子どもたちの堂々とした発表、踏み出した一歩に伴走してきた大人たちの姿に勇気をもらいました。著名な植松努さん、山口周さんをお呼びしたこのイベントでは、お申し込み者1,238名、トータル視聴者7,045名を超える大イベントとなり、大成功を収めたのは記憶に新しいところです。内容も濃く、子どもたちの発表も、講演もすばらしく、感動の二日間でした。
『わくわくエンジンEXPO』
 
個人的な話になりますが、わたしがキーパーソン21と関わるようになったのはわくわくエンジン図鑑から。ちょうどコロナがはじまりリアルで会うことが制限される中、離れた静岡からオンラインでMTGに参加し関わっていました。世の中が暗雲漂い何もやってはいけないような閉塞感の中でも、事務局のみなさんや地域の方々がそんな空気に負けず、諦めない精神は、学ぶところが多くあった一年でした。そんなことを思い出しながら、活動報告を聞いていました。
 
 

《2021年度事業計画》

 
そして2021年度計画は、キーパーソン21が目指していることがぎゅっと濃縮された発表でした。HPにも事業計画は掲載されると思いますので、できればみなさんにも見ていただきたいところです。
 
2021年度のめざすところは
 
「わくわくする人づくりから始まるサスティナブルな社会を創造する」
 
1年間で目指していく姿を簡単にこちらにまとめます。
(かなりまとめているのでくわしくは事業計画をご覧くださいませ)
 
子どものやりたいを応援する大人たちが必要!
そして、子どものやりたいを発表する場が必要。
 

 


   ・全国各地でSTEP1-5を進めていく
   ・地域版わくわくエンジンEXPOの開催
   ・全国各地でわくわくナビゲーターの養成講師を育てる
   ・全国のわくわくイノベーターの創出ノウハウの見える化する

 
子どもを中心に家庭、学校、企業、行政、大学、地域、NPOなどが手を取り合ってごちゃまぜになって子どもたちを育てていくシステム作りがはじまります。
 
また領域ごとの目標は、以下でした。
 

①【親・家庭領域】
オンラインすきなものビンゴプログラムの事業展開
 
②【教員・学校領域】
わくわく先生プロジェクトの推進
 
③【大学生・大学領域】
わくわくエンジンから人生を選択した象徴的な若者モデルを発信
 
④【企業人・企業領域】
企業版5つのSTEPアプローチによる関係性の革新
 
⑤【いきづらさ領域】
居場所作り事業において5つのSTEPによる長期支援活動開始
 
⑥【まちづくり領域】
地域のわくわくエンジンEXPO開催支援する

 
 
この中でも、特にこちらの3つに力を入れていくとのことです。
 

①親子がわくわくするプロジェクト推進
『オンライン版すきなものビンゴを事業化へ!』
昨年も大人気だったオンライン版すきなものビンゴ。親子の相互理解が深まり、お互いを尊重し合う関係性で自分の未来を決めていける、このプロジェクトを本格的に事業化します!
 

②先生がわくわくするプロジェクト推進
『先生をわくわくさせたい!』
先生のなり手不足や、私立校、公立校の格差の拡大など、多くの課題がある日本の教育界。
 
キーパーソン21では、まず先生方がわくわくしてほしい!
 
ということで、先生が自分を語る、先生版「おもしろい仕事人がやってくる」を事業展開します。
このプログラムは昨年も大好評でした。
体験した先生からは、
  「想像以上に生徒との距離が近くなった」
  「自分の本心に気づいた」
  「自分が好きになった」
  「なぜ先生をやっていたのかを思い出した」

というお声があったそうです。
 
先生の変化が起き始めている今、日本全国の先生がわくわくするプロジェクトがはじまります!
 
 

④企業人がわくわくするプロジェクト推進
企業とともに歩むサスティナブルな社会を作る構想のスタート!
会社勤めが面白くないと感じている企業人が多いですよね。
 
企業の方には
・CSRとして教育を軸にした地域貢献
・活動を通して社員の成長、社員育成ができる
・ESGとしてサスティナブルブランドが確立できる
 
をキーパーソン21としてすすめます。
 
関連する主なSDGsの番号は3,4,5,8,9,11,17
 
CSR担当の方、SDGs、ESGを会社でどう取り組んでいいのか悩んでいる経営者の方はぜひお声がけください。
 
 

《表彰&MVP》


 
そして一部の後半では、これまで顕著な活躍をしていただいた方々へ感謝状とMVP表彰もありました。
理事からアドバイザーとなる池照さんへの感謝状の授与では、感謝の気持ちで涙涙の場面も。
 
こちらは本当にサプライズで、何も知らされていないスタッフもおり、涙ながらの感動の表彰となりました。かくいうわたしも『わくわくエンジン図鑑』チームとして表彰していただき、知らなかったので、かなりびっくりしました笑
ありがとうございました。
 
 

【総会第二部】

 
第二部では『ぐるっと全国一周ツアー』と、望月那菜さんの「おもしろい仕事人」の発表の2部構成でした。

『ぐるっと全国一周ツアー』

 

 
総会第二部の前半は『ぐるっと全国一周ツアー』❗️
 
下川原彩さんがツアーコンダクターに扮し、全国各地、沖縄から北海道まで各地のチームと、そして海外は上海&香港まで行きましたよ!
飛行機に乗り(……いや乗った気分で笑)ツアーで回りました。
 
飛行機のアナウンスが入ったり、ちゃんとシートベルト着用していたり、↓ツアープランもバッチリで、本当に芸がこまかい笑
(朝食は「あつこの間」になってる!(もちろん架空です))
 

 
沖縄からはじまり→静岡→湘南→東京→北関東→にいがた→北海道→香港❗️→上海❗️❗️
 

それぞれのチームごとに作った動画もかなり凝っていて、沖縄気分を味わったり、アカレンジャーが現れたり笑
 
リアルで会うことがなかなか難しい状況の反面、オンラインのため全国からの参加が可能になったからこそできるイベントですね。
遠くない未来に海外支部もできそうですよー!
 

望月那菜さん『おもしろい仕事人がやってくる!』


 
総会第二部の後半は、学校の先生5年目の望月那菜さんによる、『おもしろい仕事人がやってくる!』でした。
那菜ちゃんは、キーパーソンの大学生会員だったんです。
 
那菜ちゃんのわくわくエンジンは『さまざまな価値観を持つ人と関わる中ですべての人が輝ける場所を一緒に作ること』
 
子どもの頃から感じていた居場所を求める思いは、現在教師として『生徒の居場所を作っている』と那菜ちゃんのわくわくエンジンへつながっていました。
 
とても楽しそうにわくわく語ってくれる那菜ちゃんですが、通信制の学校で、生徒は様々な問題を抱えている子どもたちがほとんど。想像するだけでも大変な環境なのに、「先日生徒と鬼ごっこをしました」(生徒が荷物を置いて帰ってしまい、追いかけた話)ととても楽しそうに語る那菜ちゃん。
わくわくエンジンがわかっている人って、だから楽しそうなのか、と感じた那菜ちゃんのお話でした。
 
また、キーパーソン21の会員で、現在子どもと関わっている方々と『わくわく先生コミュニティ(仮)』を作っていきたいとのこと。
今後の那菜ちゃんの活動に乞うご期待!です!
 
 

【参加者の交流会】

短い時間ですが、ブレイクアウトで小部屋に分かれて全国の方々と交流することができました。ブレイクアウトでは、今聞いたばかりの那菜ちゃんの話に花が咲きました。
 

 

参加者の感想

では、最後にアンケートから参加者の感想を抜粋いたします。
 

・総会がこんなに暖かく、心震えるものとは、感動しました。
 
・とても楽しく、みなさんの気持ちの熱さを改めて感じた日になりました。わたしにとってキーパーソン21は居場所であり、刺激を与えてくれる場だと再確認しました。ありがとうございました!企画や運営の皆様、本当にお疲れ様でした。
 
・「何故、この場に集っているのか」というストーリーを代表からだけではなく、様々な方のお話しをうかがえた。
 
・全国各地の活動を知ることができたのでとても有意義でした。
 
・事業計画や会計報告、活動の振り返りを通して全体像がわかりました。
感謝状の場面では朝山さんと授与された方の思いが伝わってきて、感動しました。
本当に皆様の色々な想いの積み重ねで、今のキーパーソンがあるという事を、しみじみ感じました。
チーム北海道リーダー!あやさん主催の世界一周旅行も、とても楽しかったです!各地域の皆さんのお顔も見れて、活動も知れて嬉しかったです。感動!笑顔!涙!皆さんと気持ちを一つにできた参加型の総会は初めてです。
 
・当日までご準備本当にお疲れ様でした。ありがとうございました
 
・プログラムがしっかりしていて、わくわくした大人がたくさんいるって素晴らしいです。もっと広まるといいですね。これからも応援してます。よろしくお願いします。
 
・キーパーソン21の日や様々な集まりにZoomで参加できるようになったので、積極的に参加していきたいです
 

おわりに

 
コロナ禍の今はリアルに会うことがなかなか難しい時代ですが、しかしこのオンライン化が加速したおかげで、全国の人たち、海外の人たちともこうして顔を合わせて会うことができます。
 
キーパーソン21では事業計画で示されたように、今後もオンライン&リアルと組み合わせて、さまざまな取り組みが目白押しで進んでいきます。
ひとつひとつ確実に行い、目指すところへ突き進んでいきますので、ぜひわたしも!と思った方は、ぜひご連絡くださいね。
 
(広報てらっち)

私たちの活動にご協力ください。

あなたに合った形で
キーパーソン21の活動をご支援ください。
個人や法人として関わる方法だけでなく、
活動へのご寄付も受け付けております。

詳しく見る

キーパーソン21の最新情報をチェックする

メルマガに登録する

朝山ブログ代表朝山が日々奮闘していること、考えること、嬉しく感じること、あれこれを記しています。ぜひご覧ください。