認定NPO法人キーパーソン21

わくわくエンジン®︎発見!はじまりのストーリー


 

『わくわくエンジン®︎』は、認定NPO法人キーパーソン21代表朝山あつこの、当時中学生だった長男との会話がすべての始まりです。
ある必然「高校へは進学しない!」と言い出した息子に、かけた言葉とは?

わくわくエンジン発見!はじまりのストーリー

 

キーパーソン21代表 朝山あつこ

こんにちは!認定NPO法人キーパーソン21代表朝山あつこです。
わくわくエンジンは、人生の節目においてこそ威力を発揮するという、私の長男の場合をお話しますね。



はじめて、私が長男のわくわくエンジン®︎を発見できたのは、息子が高校生の時。
大学進学が当たり前の学校において、どんな学部を選ぶのかという話しになった時でした。
 
理系と文系のどちらに進むか、いわゆる「文理選択」の時期です。
 
息子は、理系文系、どちらでもよいと言っていたのですが、「文系から理系への転換は大変だけど、理系から文系への転換はしやすい」というだけの考えで、理系を選択しました。
 
しかし、いざ、大学受験となると、理系の中でも、具体的に受験する学部を決めなくてはなりません。
私は知る限りの理系の学部名を息子に投げていました。
 
私:「医学部は行きたいなら、お金はかかるけど、お母さん頑張る。」
 
息子:「人の身体を切ったりはったりしたくない」
 
私:「じゃあ、薬学部は?」
 
息子:「薬学も解剖あるのは同じでしょ。薬で人の身体が良くなることに関心ないなー」
 
私:「そうかあ。じゃあ、エンジニアとか工学系は?」
 
息子:「関心ないなー。女子も少なそうだし。人が便利になることに関心ないんだよー」
 
私:「ふ〜ん、じゃあ、建築は?」
 
息子:「建築って、自然を壊すことになる仕事でしょ。そういうことはやりたくないんだよなー」
 
私:「うむー」
 
息子:「僕は、人のためというより、自然や地球を守るような仕事がしたいな。虫とか生き物が守られるような」
 
私:「そうか。そういうことか。環境系とか生命科学とか?」
 
息子:「うん、わくわくするなー」
 

 
こんな親子のやりとりから、息子がずっと大好きだった「虫、生き物、川、海、山、植物、自然、地球、環境」に興味関心があること(名詞的わくわく)が改めて進路決定というフェーズにおいても浮かびあがりました。
そして次には、「自然や地球を守ること」という行動につながる動詞的わくわくが明確になることにより、次の行動へとつながっていったのでした。
 
こうして、なんとなく理系を選択した息子は、明確に農学や生命科学といった学部への進路選択をしたのでした。
 
その後、大学院進学をきっかけに、一人暮らしをするようになったことで、変化があったせいでしょうか。
就職に関して、私はノータッチでした。
 
けれどある時、就職先の話しが出た時に驚いたのは、学んできた学問と就職とわくわくエンジン®︎はまるで無関係かのように捉えられ、息子の中のわくわくエンジン®︎は、何事もなかったかのように封じられそうになっていたことでした。
 
「地球を救うこと」という息子のわくわくエンジン®︎は、就職という名のイベントに振り回されて、社会の波にさらわれそうになっていたのかもしれません。
 

「地球を救うことをやりたかったんだよね」
 
と投げかけたら、息子はハッと我に返ったように「そうだった」と、自分の中では実は本命のバイオテクノロジーで世界を変えていくベンチャー企業に行きたいことを話し出し、このベンチャー企業で仕事をする決心をすることができたのでした。
 
どんな時にも、自分の気持ちに素直になって、
自分のわくわくする方向へ、
自分のエンジンが動き出したい方向へ、進む。
誰に左右されることのない、人生を貫く自分だけの軸。

 
親子で発見したからこそ、立ち戻ることができるものだったのです。

(『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』75~84ページ参照)
 
 

わくわくエンジンとは?

わくわくエンジンって一体なに?
わかりやすく解説しています。
わくわくエンジンとは?

 

次のストーリーは……

次のお話は、わくわくエンジンをご家庭でどうやって引き出せばいいのかをお伝えします!
自宅でできる、わくわくエンジンを引き出すコツ

 

わくわくエンジンをもっと知りたい!

【会員のお申し込み】
キーパーソン21の会員になる

 
【無料メルマガ登録『わくわくエンジンMagazine』】
キーパーソン21の活動情報やイベント開催情報などが届きます!
メルマガ『わくわくエンジンMagazine』登録

私たちの活動にご協力ください。

あなたに合った形で
キーパーソン21の活動をご支援ください。
個人や法人として関わる方法だけでなく、
活動へのご寄付も受け付けております。

詳しく見る

キーパーソン21の最新情報をチェックする

メルマガに登録する

朝山ブログ代表朝山が日々奮闘していること、考えること、嬉しく感じること、あれこれを記しています。ぜひご覧ください。